電通、新国立競技場……過労死問題に取り組み30年、川人博弁護士「肝心の職場がなかなか変わらない」

働き過ぎによる過労自殺が大きな社会問題となる中、11月20日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」(NHK)は、労働問題に取り組む川人博弁護士を紹介した。川人弁護士は労災問題の第一人者で、電通過労自殺の高橋まつりさん(享年24)や、今年3月新国立競技場建設で自殺した現場主任の男性(享年23)の労災認定も担当している。

労災は、遺族が労働基準監督署に申請し、認められれば国から補償金が遺族に支払われる。だが、業務と死の因果関係を立証しなくてはならず、実際に労災認定されるのは全体の4割程度。その中で、川人弁護士の労災認定率はおよそ7割で全国平均のほぼ2倍を誇る。(文:okei)

「労働時間が異様に長い」だけでは認められない