転職理由「ほかにやりたい仕事がある」が連続1位 働き方改革による残業削減で「年収に不満」という人も増加

dodaは11月27日、転職理由についての調査結果を発表した。調査は今年4~9月の間にdodaに登録した転職希望者3万8994人から回答を得た。

転職理由を聞くと、1位は「ほかにやりたい仕事がある」(13.1%)だった。この項目は2012年上半期から10回連続で首位となっている。2位「会社の将来性が不安」(9.8%)で、3位「給与に不満がある」(8.8%)と続く。

4位以降は「残業が多い/休日が少ない」(6.7%)、「専門知識・技術を取得したい」(3.7%)、「U・Iターンしたい」(3.3%)、「会社の評価方法に不満がある」(2.7%)、「土曜祝日に休みたい」(2.6%)、「雇用形態を変えたい」(2.3%)、「市場価値を上げたい」(2.3%)がトップ10に入った。

好業績でも基本給ベア無しで「自分は正しく評価されていないのでは」と思う人も