【ネット民困惑】アース製薬「殺虫剤」から「虫ケア用品」へ呼称変更 どんな意図があるのか聞いてみた

「ゴキジェット」や「アースノーマット」で知られるアース製薬が「殺虫剤」の呼称を「虫ケア用品」に変更したことについて、ネット上で話題になっている。

化学工業日報が11月27日に報じた記事によると、変更の理由は「言葉の意味にそぐわない商品が多数あることに加え、安全性が高いにも関わらず殺虫剤に対してネガティブな印象がつきまとう」ためだという。

しかしネットでは「虫をケアするのか?」「ていうか実際殺すんだし」など、ネーミングに疑問を覚えるという人も少なくはない。これについて同社広報担当者は、キャリコネニュースの取材に

「例えば『ニキビケア』はニキビの予防や治すことを指しますよね。『虫ケア』も”虫から人を守る”という意味で付けました」

と説明した。

「殺虫剤という名前が怖くて使用しない人もいる」