20代女性の7割「デート相手にポイント利用されると好感度ダウン」――「ワリカンして自分はポイント支払い」に幻滅

ネットエイジアは12月5日、「日本人のポイント活用に関する調査2017」の結果を発表した。調査は11月にインターネットで実施し、20~49歳の男女各1000人、合計2000人から回答を得た。

デート相手のポイント活用の仕方で「好感度がダウンすることがあるか」と聞くと、58.2%が「ある」と回答した。男女別に見ると、女性(67.0%)が男性(49.4%)を17.6ポイント上回った。

デートでNG「ポイント優先のお店選び」「相手支払い分でも自分のポイントを貯める」