104歳の美術家・篠田桃紅氏の言葉に有働アナ圧倒される 「日本の男性はうぬぼれている」「すべて共感しあえるなんてない」

12月14日放送の「あさイチ」(NHK)で、104歳の美術家・篠田桃紅さんへのインタビューが放送された。

篠田さんは1913年(大正2年)生まれで、翌年に第一次大戦、23歳の時に第二次世界大戦勃発と、2度の戦争を経験している。しかし戦時中も書道家の道を諦めず活動し、戦後まもなく単身で渡米。父親の遺言「必ず結婚すること」を顧みず、現在も独身で創作活動に励んでいる。

「書」の枠を超え、墨を使った篠田さんのアートは世界で高く評価されている。だが最近は激動の一世紀を自由に生きた”篠田さんの言葉”も注目されている。インタビュアーは有働由美子アナウンサー(48)。彼女も独身でキャリアを築いている女性だ。

「『女の人は独りで生きていたら可哀想だ』なんて、とんでもないわよね」