これからの「人事部」に求められるスキルとは何か? 心理学とデータ分析は必須の時代に

皆さんの会社では、従業員の「性格検査/パーソナリティテスト」は導入されているでしょうか。採用時には受検したけれども、結果がどうだったかわからないし、入社してからは特に話題にも上がらない、というケースがほとんどかと思います。

しかし、これはとてももったいないことです。今、人事の世界では、様々な研究から「人が人を評価することはいかに難しく曖昧で適当なことか」が明らかになる一方で、性格検査のような手法による評価の妥当性が意外と高いことがわかってきたからです。(文:人材研究所代表・曽和利光)

認識のゆがみを排除すれば「相互理解」が進む

これまで人事や経営者、現場マネジャーの感覚やセンスで判断がなされていたある種「神秘的な」人事領域を、数字やデータで「見える化」し、統計分析の力で人の評価や配置などを決めていこうとする流れが出てきています。

昨今では「ピープルアナリティクス」とか「データベーストHR」などというバズワードがあるくらいです。上司や同僚の性格を感覚で理解するのではなく、性格検査などを用いて数字で把握していくことで何が起こるのでしょうか。

人事のイメージが大きく変わる?

人事のイメージが大きく変わる?