「心の病が多い世代」20代と回答する企業が増加 30代と40代に迫る勢い

日本生産性本部は12月14日、8回目となる「メンタルヘルスの取り組みに関する企業アンケート」の調査結果を発表した。調査は今年7月~9月の間、全国の上場企業2273社を対象に実施。うち221社から回答を得た。

「心の病が最も多い世代」を聞くと、「30代」と回答した企業は2006~2010年にかけて約6割の高水準で推移していたが、2012年以降は低下傾向にある。今回調査では前回調査の2014年から6.2ポイント下げて32.6%だった。しかしそれでも3割台と依然として高い。

「求められる仕事の質が高い」組織風土では心の病が特に増加傾向