朝日新聞、SHINeeジョンヒョンさんの遺書全文掲載問題でコメント 「自殺報道に関する社内ガイドラインに抵触」

朝日新聞社は12月20日、韓国のアイドルグループ・SHINeeのジョンヒョンさんが残した遺書の全文を掲載したことは不適切だったというコメントを発表した。同社は、ジョンヒョンさんが自殺で亡くなった翌19日に、遺書の全文を朝日新聞デジタルに掲載。その後削除していた。

同社は、サイトにアップした「SHINeeメンバーの遺書を報じた記事の削除について」の中で、

「(全文掲載は)自殺報道に関する社内ガイドラインに抵触していました。また、世界保健機関(WHO)の『自殺予防 メディア関係者のための手引き』の趣旨に照らしても不適切と判断し、削除しました。社内のチェックが不十分でした。今後、再発防止に努めます」

としている。

WHOガイドラインは「遺書も掲載するべきではない」とメディア関係者に求めている