「友人に自分の勤務先を勧めたい」という人、わずか2割 「経営層に期待できない」も3人に1人

人材サービスのアデコは、20代から60代の働く男女を対象に、従業員エンゲージメントに関する調査を実施した。調査期間は10月4日から9日で、有効回答数は1993件。エンゲージメントとは誇りや愛着のことで、仕事上でそれらを感じたり、失ったりする理由について調査した。

現在勤務する会社に愛着を持っている人は全体の47.5%と半数に迫る。自身が就いている職業や業務内容に誇りを持っていると答えた人も50.7%いた。

会社に愛着を持つ理由トップは「仕事に社会的意義を感じている」