鉄道係員への暴力は年間825件 「降車した乗客からいきなり殴打」「怒鳴りながら腕を掴まれた」

国土交通省は12月22日、「2016年度 鉄道係員に対する暴力行為の実態調査」の結果を発表した。同年度の暴力行為の発生件数は全国で825件。前年度から48件減少した。また、加害者の約6割が飲酒をしていたことがわかった。

鉄道係員に対する暴力行為は、鉄道の安全確保や利用者への良質な輸送サービスの提供に影響を与えるおそれがあることから、同省は2013度から全鉄軌道事業者を対象に本調査をスタートした。

具体的な暴力事例には、

「駅係員が改札窓口横のガラスを蹴っていた53歳男性酔客に対し、おやめいただくようお願 いしたところ激高し、飛び掛るように右拳で右胸あたりを殴打した。加害者は警察に連行された」(50代男性、飲酒あり)

などが挙がっている。

暴力発生件数は東京都がトップ 神奈川や大阪など都市部でも多い