「岩手大学がGPSで学生の位置情報を常に把握」は誤解 担当者は「そもそもGPSを使用していない」と説明

「岩手大学、出席はもとより、欠席した場合もGPSから位置情報が特定されるため、生徒が完全管理され、代筆が不可となる完全刑務所化アプリを出しました」

同大の学生が昨年末にこんなツイートを投稿し、ネットで物議を醸していた。大学が学生の位置情報を把握しようとしていることに対し、「プライバシーゼロ」「スマホ忘れたら即死」「ディストピア」といった批判が相次いでいたのだ。

しかし岩手大学の担当者は1月5日、キャリコネニュースに対して「GPSで所在地を把握するというのは完全な誤解だ」と話した。

何週間も大学に来ていない学生を把握し、担任や指導教員がケア