「最強」と噂される任天堂法務部がコロプラ「白猫プロジェクト」提訴 「無茶苦茶強いらしい」とネットざわつく

「最強」「最終兵器」と名高い任天堂法務部が新たな訴訟に踏み切り、ネットで話題となっている。同社はスマホ向けゲームを提供するコロプラに対して、「白猫プロジェクト」の差し止めと44億円の損害賠償を請求する訴訟を起こしたという。コロプラが1月10日に明らかにした。

コロプラ「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無い」


任天堂がコロプラを提訴

任天堂がコロプラを提訴

コロプラが企業サイトで発表した文書によると、同社は昨年12月22日、任天堂から特許権の侵害を理由に提訴されたという。訴訟に至った経緯について、次のように説明している。

「(任天堂から)平成28年9月に、当社のゲームが任天堂保有の特許権を侵害するとの指摘がありました。それ以来、1年以上にわたり時間をかけて真摯かつ丁寧に、任天堂の特許権を侵害しないことを説明してまいりました。しかしながら、当社の考えが任天堂に受け入れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至ったものです」

特許権を侵害しているか否かについて、両者の間で食い違いがあり、訴訟に発展したということのようだ。同社は、

「当社は、当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針です」

としている。今後裁判で争っていくつもりのようだ。

日本経済新聞によると、任天堂は「タッチパネル上でジョイスティック操作をする際に使用される特許など5件が侵害されている」と主張しているという。

「強いぞぉ任天堂法務部は……。大抵の場合勝てる戦いしかしないし……」