自民党・杉田氏「『待機児童』なんて一人もいない。待機してるのは預けたい親だけ」で炎上 「そういう言葉遊びいらない」

自民党の衆議院議員杉田水脈氏が1月24日に自身のツイッターアカウントで呟いた内容に批判が殺到する事態となった。

「待機児童、待機児童っていうけど 世の中に『待機児童』なんて一人もいない。子どもはみんなお母さんといたいもの。保育所なんか待ってない。待機してるのは預けたい親でしょ」

待機児童問題が緩和しない中、子どもを預けられず困っている母親らを暗に非難していると批判の声があがったほか、「与党の議員がこれでは待機児童解消が進まない訳だ」という落胆の声も出ている。

「子どもの視点が抜けているのではないかということ」と補足するも再度炎上


批判を浴びたツイート

批判を浴びたツイート

ツイッターでは、「子どもの視点で言ってるだけ」と杉田議員を擁護する声も一部にあったが、「親ですが預けたくて預けてる訳じゃありません。共働きじゃないと生活が成り立たないから預けてるんです」「そうやって世の中のお母さんを追い詰めていくんですね」など、反発の声が強い。

杉田氏はその後、1月24日の夜に「批判やその他色々あると思いますが、私が常々思っているのは、日本の施策には子供の視点が抜けているのではないかということ」と補足したが、25日深夜に

「なんだか皆さん、とても難しく考えていらっしゃる。(中略)子供の成長に何がいいのか?一番わかるのはお母さんですよね?例えば夜は9時までに寝たほうがいいとか添加物の多い食事はやめた方がいいとか。本当はとても簡単な事」

と呟いた。これに対しても、「預けたいのは楽したいからとか遊びたいからじゃなくて働かないと生活できない、子供に栄養あるもの食べさせてあげれない、保育園に入れたいのは子供のためなんですけどね」「1番分かるのがなぜ母だけなんでしょうか」と、再度批判が集中した。

「待機しているのは預けたい親でしょ」と、家庭の事情でやむなく預ける保護者らを突き放す言い方に加え、子育ては母親がするものという価値観に立ち、それが出来ない人を暗に責めるような表現に反発を覚えた人が多かったようだ。

はてなブックマークでも「あーごめんなさい!そういう言葉遊びいらないです!」「世の中は言葉遊びしただけじゃ何も変わらないんだよなあ」といった声が出ていた。

過去には「保育園落ちた日本死ね」問題に「自分で何とかしなさい」と発言

杉田氏は待機児童や日本のジェンダー問題について、過去にも物議を醸している。12日にはツイッターで、日本のジェンダーギャップ指数が114位だったことに触れ、

「この順位が上がれば何か良いことあるの?女性が幸せになるの?男性は?上位の国を見ても日本の方が断然暮らしやすいと思うのですが」

とツイート。2016年7月には、産経新聞に連載している「杉田水脈のなでしこリポート」内で「保育園落ちた日本死ね」問題について、議論の前提が間違っていると指摘し、

「『あなたよりも必要度の高い人がいた』というだけのこと。言い換えれば『あなたは必要度が低いので自分で何とかしなさい』ということなのです」

と主張している。また、「保育園落ちた~」が国会で取り上げられた時の山田宏前衆議院議員の「生んだのはあなたでしょう、親の責任でしょ、と言いたい」という発言や、「朝まで生テレビ」で河添恵子氏が「子育ては母親がするのが一番」とコメントして批判された状況を受け、

「一昔前だったら当たり前の発言が、大勢から非難される。つまり私たちが長年培ってきた価値観が急速に壊されているのです」

と、発言者らに寄り添う態度を見せていた。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る