不妊治療のどういうところがツライのか 具体的に教えてくれる深キョンドラマに視聴者から「ありがたい」の声

「不妊治療はなかなかツライ」―。どちらかといえば、ネガティブなイメージのある不妊治療だが、実際に「どういったことがツライのか」ということを具体的に伝えてくれるメディアは意外にも少ない。特に男性からしてみれば「なんとなく大変そうだなァ」ぐらいの印象でしかないことも多いのかもしれない。

そんな中、ついに不妊治療の実態を描いたドラマが始まった。深田恭子主演の「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)である。すでに視聴者からは「こういうところまで不妊治療に踏み込んでくれるドラマはありがたい」などという声が上がっている。(文:みゆくらけん)

「卵管造影検査」にくじけそうになる深キョンに共感