現代日本で働く上で「男性より有利」と感じている女性、たった4% ―「技術職で入社したのに『女だから』と事務職の給料にされた」

男性優位社会だった1960年代のアメリカで、自らの人生を切り開いていった3人の黒人女性の奮闘を描いた映画『ドリーム』(日本では2017年公開)。この映画にちなみTSトーキョーは2月2日、働く女子の本音に関するの調査結果を発表した。調査は10代以上の女性397人を対象に行った。

生きていく上で女性は有利か不利かを聞くと、「不利だと思う」(33.8%)が「有利だと思う」(21.2%)を上回った。不利だと感じている人からは、

「女性は男性より容姿で差別されることが多いので、男性より生きづらいのではないでしょうか…」(10代後半)
「社会的地位の面では不利。やはりまだ男性中心社会だと思う」(20代前半)
「仕事をして帰ってからも家で働き、子どもと旦那の世話。何て忙しいんだろうと思う」(30代後半)

という声が寄せられている。また「夜の外出など、常に男性よりも身を守ることを考えて行動しなくてはいけない」(30代前半)など、普通に生きているだけで苦労を感じている人が多い。

「共働きなのに、女性は仕事・家事・育児すべてこなさなければならない」