任天堂社員の口コミからみるホワイトぶり 「ゲーム会社特有のブラックさは感じられなかった」「20代で年収700万円」

働き方改革が声高に叫ばれるこのご時世、ブラック企業にまつわる事件が大きなニュースとして取り上げられ、世間の耳目を集めている。キャリコネにもブラック企業に関する口コミ投稿は多いが、その一方でホワイト企業として広く認知されている企業に関する口コミも、多数寄せられている。

今回取り上げるのは、家庭用ゲームソフトで国内シェアの17.4%、家庭用ゲーム機では44.9%(ファミ通ゲーム白書)を誇る世界有数のゲーム会社・任天堂だ。

任天堂の2017年3月期の売上高は4890億円、営業利益は293億円に及び、昨年3月にはWii U、ニンテンドー3DSといった主力商品に、「ニンテンドースイッチ」が加わった。売れ行きは好調で、全世界販売台数は1500万台に手が届こうとしている。

本社は京都市南区にあり、昨年、東京都台東区に設立された任天堂販売株式会社などを含む連結社員数は5458人(2017年9月末)。また、日経リサーチの調査では2016年4月入社の大卒初任給は23万3000円となっている。

「勤務時間も短く、残業代もきっちり支払われるので、非常にホワイト」