年功序列のせいで無能な社員が自分の上司に! 「英語話せるだけでスキルなしマネージャー」「有能なスタッフは辞めるしかない」

日本企業では、依然として「年功序列」の人事制度を採っているところがある。一度入社してしまえば降格やリストラはほとんどなく、年次に応じて役職が上がって行く。そんな環境のせいで、ときに困った社員が上司になることもある。

「キャリコネ」で上司に関する不満について口コミ検索をしてみると、ユーザーの怒りが込められたエピソードがたくさん出てきた。今回はその中から、個人的に悪質だと感じたものを中心にピックアップしてみた。(文:内山沙希)

「悪い上司に当たると数年はキャリアアップを諦めないといけない」