羽生選手らのオリンピック記念切手、メルカリで高額転売 宇野選手とのセットで定価の2倍以上のものも

日本郵便が2月19日に発売した平昌オリンピックの記念切手が、ネット上で高額転売されている。

日本郵便では「平昌 2018 冬季大会日本代表選手 メダリスト公式フレーム切手」として、五輪メダリストのフレーム切手を、メダル獲得の翌々日の正午から発売している。19日は男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手と、銀メダルを獲得した宇野昌磨選手の切手が売り出された。

記念切手は、大会でのスケーティングや表彰式の様子などを納めた82円切手が5枚セットで、1シート1400円。取り扱う郵便局が限られているためか、販売直後からネットショップにはアクセスし辛い状況が続いている。

こうした中、メルカリで羽生選手を始めとするオリンピック記念切手が大量に出品されていることが分かった。

全国各地から出品、号外新聞記事との抱き合わせも