「日本一給料が高い会社」キーエンスの実態 「年に4回のボーナス」「20代で年収1350万円」

働き方改革が声高に叫ばれるこのご時世、ブラック企業にまつわるニュースが大きなニュースとして取り上げられ、世間の耳目を集めてきた。キャリコネにもブラック企業に関する口コミ投稿は多いが、その一方でホワイト企業として広く認知されている企業に関する口コミも、多数寄せられている。

今回取り上げるのは、工場の生産工程の自動化を図るFA(ファクトリー・オートメーション)用センサを主力に、電子部品の開発・販売を手がけるキーエンスだ。

同社は工場を持たず生産を委託するファブレス企業で、コンサルティング会社としての性質も併せ持つBtoB企業だが、「年収ランキング」「生涯給与ランキング」の常連として知る人も多いだろう。本社は大阪にあり、1985年のアメリカ現地法人設立を皮切りに、現在では45か国200拠点で事業を展開。連結従業員は5670人(2017年3月)となっている。

業利益率が10%もあれば高収益とされる製造業で50%を超える高収益事業モデルで知られ、独特の企業カルチャーが経済系メディアなどで度々取り上げられてきた。(※参照元 キャリコネ キーエンス)

年収1000万超の口コミ投稿者が続々!