「保育園落ちによる失業は官製失業と言っていい」保護者らのイベントで駒崎弘樹氏が語る

保育園に入りたいを本気で語ろう2018

保育園に入りたいを本気で語ろう2018

今年4月入園の一次募集の審査結果を受け、ネットでは保育園に落ちた保護者から落胆のツイートが数多く寄せられている。子どもを預けられず復職できなかったり、働きに出られなかったりして今後の生活を不安に思う人は少なくない。

「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」が2月26日、衆議院議員会館で記者会見とイベント「♯保育園に入りたいを本気で語ろう2018」を開催。「みんなが笑って子育てできる社会に」というスローガンのもとに、保活経験者や現在保活中の保護者を中心とした約120人が集まった。

ファシリテーターはジャーナリストの堀潤さん。コメンテーターとして、子育て支援などを行うフローレンスの代表理事を務める駒崎弘樹さん、フランス在住で子育て政策についての記事を多く執筆する高崎順子さん、現役男性保育士の「てぃ先生」が登壇した。

イベントには国会議員や都議も参加した。自民党の木村弥生氏、立憲民主党の山尾志桜里氏、櫻井周氏、都議の上田玲子氏、社民党の福島みずほ氏、日本共産党の吉良佳子氏らが、党の垣根を超えて保護者らの声に耳を傾けていた。

保護者の話を聞く山尾志桜里議員(立憲民主党)

保護者の話を聞く山尾志桜里議員(立憲民主党)


子育てで離職すると生涯賃金に大きな格差