「空気を読む」ってホントに大事?日本社会に蔓延る「同調圧力」に苦しむ声まとめ

職場や学校などで、少数派の人たちに対して多数派の意見に従うように強制する「同調圧力(ピア・プレッシャー)」。多数派の人々は、脅迫めいた言動で意図的に圧力をかけることもあれば、悪意がなく無意識のうちに少数派を排除していることもある。

「みんながやっているのだから、お前もそうしないと迷惑だ」「空気を読め」「そんなの変」「恥ずかしい」といった具合に、多数派の意見に従うように他人を丸め込んだ経験はないだろうか。こうした同調圧力に苦しめられている人たちの声をまとめてみた。

もう仕事が終わっているのに「他の人が残っているから残業しろ」という非効率な指示