英文聞き取りで使う脳の部位に男女差、中学生対象の研究で判明 男子は文法重視、女子は文全体から分かる情報を活用

中学生を対象にした研究調査で、英文を聞き取る際、脳の動き方に男女差があることが分かった。首都大学東京や中央大学などの研究者で作るグループが突き止めた。

研究によると、聞き取った英文を理解する際、男子は文法に則った処理を優先する傾向があり、文法的に正しいか正しくないかの判断を、脳内ですばやく行っていることが判明した。一方、女子はことばの音(音韻)、意味、文全体から得られる情報を統合的に処理する傾向が見られた。

男子は、習熟度が上がるにつれて、文法的に正しくない文を処理する際に脳活動が低下し、より効率的に処理をするようになるという。また、習熟度の高い女子は、ワーキングメモリを活用してより多くの言語知識を統合的に処理していることが判明したという。

女子はワーキングメモリの容量と英語テストの成績に関連