伊調選手へのパワハラ騒動で武井壮「谷岡学長は言い過ぎの部分もあったけど、他にひっかかることあまりなかった」

女子レスリングのパワハラ疑惑騒動が止まらない。日本テレビの報道によると、栄和人強化本部長(兼至学館大学レスリング部監督)は、オリンピック4連覇中の伊調馨選手に対し、練習拠点の出入りを禁止するなどしていたという。

3月15日には、至学館大学の谷岡郁子学長が「部員や学校に誹謗中傷のメールが来ている」として、告発の内容を否定する会見を開いた。会見で谷岡学長が「そもそも伊調馨さんは選手なんですか?」などと発言していた。

3月19日放送のバラいろダンディ(TOKYO MX)でもこの会見が取り上げられた。学長の発言に各方面から批判の声が上がっているが、アスリートの武井壮さんは

「選手なんですか?っていうのは言い過ぎ。実際に選手登録もしてるし、オリンピック目指してなくても選手は選手。ただ、他のことに関してはひっかかることあまりなかった」

と語った。

「コーチとの問題、練習場所の問題、パワハラの話と、全部違う案件を混ぜてしまっている」