おぎやはぎ・矢作「ロケ中にカメラの前を横切るのは老害」で物議 警察庁は「撮影者が交通の規制を行うことはできません」と回答

おぎやはぎの矢作兼さんが3月22日、ラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、テレビ番組のロケ中にカメラの前を横切る男性を「老害」と批判し、物議を醸している。

「ロケをしていていつも思うんだけど、カメラいて、タレントいて、ちょっと道を塞いじゃう時があるわけ。(中略)『なんで俺がお前たちのために違うルートを通らないといけないんだ』という顔と姿勢で横切るおじさんて必ずいるの」

矢作さんは続けて、「俺だったら映画の撮影してたら通らないよ。普通、どんなに急いでたって」と自分だったら横切ったりしないと話し、配慮をしない男性は「老害ってやつだろう」と指摘した。

「カメラ回してりゃそれが優先されると思い込んでる思い上がりっぷり」