海上自衛隊で働くってどういうこと? 「個人の自由や移動の自由は捨てる覚悟が必要」「査定では運動能力を重要視」

「将来なりたい職業ランキング」などで上位に食い込むことも多い公務員。特に不況時などは大卒・高卒に関わらず人気の就職先となるが、売り手市場の近年も手堅い人気ぶりを誇っている。

ひと口に公務員といっても職種も待遇も様々だが、学生などを対象とした様々な”なりたい職業ランキング”調査の常連となっており、キャリコネに寄せられた口コミからその労働の実態を紹介したい。

当記事で取り上げるのは、情報の収集・処理によって海洋国家である日本の周辺海域防衛や海上交通の安全を確保する任務にあたる海上自衛隊員たちの口コミだ。【参照元 キャリコネ 海上自衛隊】

イージス艦などの艦艇や航空機を所有し、日本周辺海域などで弾道ミサイル攻撃や航行する船舶に対する警戒監視活動を行っている海上自衛隊だが、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処については、防衛省・自衛隊は政府の方針に基づき2009年3月から活動を継続。海賊行為の未然防止への貢献で国際社会から高く評価されているという。

「専門性が高く、キツくリスクの高い職務ほど手当が高く付く」