ホストのいない民泊、反対約6割 「トラブルを起こした民泊施設は営業禁止」求める声も

外国人観光客の増加に伴い、一般の住宅に旅行客が宿泊できる「民泊」の需要が高まりつつある。しかし、実際に民泊を運営する場合、近隣住民に理解を求めるのは難しいかもしれない。

インテージリサーチは5月14日、民泊に関する意識調査の結果を発表した。民泊の利用経験を聞いたところ、「利用したことがある」のはわずか5.1%で、利用したことがない人がほとんどだった。今後民泊を利用したいという人も13.1%に留まっている。

高齢者や分譲マンションの住人は民泊に反対する割合が高い