高須院長「甘えるな若者!」の本意を語る 「Boys,be ambitiousって言ってるだけなのに、なぜ反感買うのか不思議」

朝日新聞で5月上旬に掲載された大学生の投書「『お金の若者離れ』現実知って」は、若い世代の現状を反映した意見だとして大いに話題になった。「若者の車離れ」など「若者の◯◯離れ」という言葉は、実際は若者のせいではなく、若者にお金が回ってこない「お金の若者離れ」のせいだ、という主張だ。

この意見を「甘ったれるな若者」とツイッターで一喝したのが、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長だ。

「年寄りは君たちくらいの年齢のときはモーレツに働いたんだよ。働きながら君たちを育てたのだ。君たちの全ての原資は年寄りになった我々からのプレゼントだ。君たちに与えることはあっても奪ったことはない。ハングリーになれ。向上を目指せ。目覚めて働け若者」

という言葉や、戦後「国民は餓死寸前だったんだぞ。ここまで立ち直らせたのは我々。老人を敬え」という投稿は、「一生懸命働いた上で現状がこれっていう話なのでは」など、若者側の意見を持つ人たちから反感を呼んでいた。

16日放送の「バイキング」(フジテレビ系)ではこの炎上を取り上げ、一連の投稿について高須院長が本意を語った。

「貯金に回すお金なんか若い時考えなくても良いんですよ」