武井壮、日大アメフト選手の会見に「スポーツ界に潜んでいる闇」 監督やコーチの対応を批判「大人の保身のために子供達を……」

アメリカンフットボールの定期戦で、日本大学の選手が悪質なタックルをし、関西学院大学の選手を負傷させた問題で、渦中の日大の選手が5月22日、会見を行った。会見では、監督やコーチからタックルの指示があったことや、指示の事実を公表するよう大学に求めても断られたことなどが明かされた。

元アスリートでタレントの武井壮さんは、自身のツイッターでこの会見に触れ、

「スポーツ界に潜んでいる闇だなこれは」
「スポーツってよ、努力して夢叶えて幸せになるためのもんだろう?大人のくだらねえ権威争いとか保身の為に子供達を扱うもんじゃねえだろうよ」

など、日大や監督・コーチらの対応を非難した。

「勝っても負けても『あの競技を学んでるなら信頼できる』と思える人材を育むのが我々の役目」