LGBTの約4割が家探しで苦労 「女性同士の入居を不審がられた」「断られた」

LGBTへの理解が徐々に広まりつつあるが、家探しではまだ苦労することもあるようだ。リクルート住まいカンパニーが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」は5月24日、「同性カップル調査」の中から、住まい探しや同居してからの生活に関する結果をまとめ発表した。調査は18~59歳のLGBT364人を対象に行われた。

賃貸か購入かにかかわらず、家探しをする際にカミングアウトしたかどうか聞くと、「カミングアウトする必要がなかったのでしなかった」という人が45.9%に上った。カミングアウトした人は全体の41%で、内訳は「積極的にカミングアウトした」が25.4%、「関係などを聞かれて仕方なくした」が15.6%だった。

「物件を探してもらえなくなると思った」とカミングアウトを恐れる人も