「この人と結婚するかも」と思った理由2位「自分のためになにかしてくれた」 第一印象で決めた人はごく僅か

6月に結婚する花嫁は幸せになれると言われるジューンブライドの季節。ブライダルのアニヴェルセルは6月6日、結婚を予期させた理由についての調査結果を発表した。調査は今年4月にインターネットで実施し、20~39歳の男女412人から回答を得た。

「あ、この人と結婚するかもしれない」もしくは「したい」と思った理由を聞くと、最も多かったのは「自然体でいられると感じた時」(43.4%)。その後の人生で最も身近な存在になる結婚相手、気を遣わずに自然体でいられることの心地よさを求める人は多いようだ。

「価値観が似ていると思った」一方で、次いで「自分に無いものを持っている」