バイトに「代わりはいくらでもいる」と言ったらバックレられた 人手不足なのに高圧的な態度取る店長に批判

圧力で下の者を支配しようとする輩が職場にいるメリットはほとんどないのに、デメリットは山のように多い。部下はストレスを抱え心身を消耗、仕事の能率低下や、人材のロストも引き起こす。

日本では未だに、スパルタ式に部下をしごくことが是とされる職場が多いが、バカをやっちゃいけない。その昔、日本が好景気に浮かれていた頃なら、しごきに耐えるだけの見返りが報酬という形で待っていた。ところが今の時代、耐えて得られる報酬は雀の涙程度。それを理解せず、部下に高圧的にあたるのはリスクしかない。(文:松本ミゾレ)

「バイトサイドからすれば『ここ以外のバイトなんていくらでもある』って思うわな」