初戦勝利のW杯、コロンビア戦の主審が「イケメン審判」と話題に 山崎夕貴アナも大興奮「目を奪われてしまいました!」

ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ第1戦は、日本がコロンビアを2-1で下し、歴史的大金星をあげた。試合開始3分でコロンビア選手にレッドカードが飛び出す展開となり、このジャッジを下した審判が「イケメン審判」としてネットで話題になっている。

翌朝20日の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ)でも、山崎夕貴アナウンサーが、毅然とした態度でレッドカードを出した主審を興奮気味で絶賛する場面があった。(文:okei)

スロベニア出身の41歳、欧州系のダンディなイケメン