港区で資産価値が高いエリア、1位は西麻布 西新橋が麻布や白金を上回る結果に

マンションマーケットは6月19日、港区30エリアの資産性ランキングを発表した。調査は相場情報サイト「マンションマーケット」に掲載されている中古分譲マンションを対象に実施した。

2017年4月の月間平均平米単価と2018年4月の平均平米単価を比較して、上昇率を算出したところ「西麻布」が4.48%増でトップになった。18年4月の平均単価は101万7851円だった。

「虎ノ門ヒルズを中心とした大型再開発」で西新橋の資産性が上昇