中京テレビが2次会参加の強要を禁止、働き方改革の一環 「上司に誘われたから行かざるをえないということがないように」

中京テレビは7月9日、働き方改革の一貫として、2次会への参加強要は禁止すると発表した。業務に関連した食事会の後、社員同士が2次会へ行くことは禁止しない。しかし上司による参加強要は禁止する。

同社の広報担当者は「帰宅が遅くなると、次の日の業務に支障が出てしまいます。『上司に誘われたから行かざるをえない』ということがないようにしたい」と話す。あくまでも参加の強要を禁止するだけで、管理職や上司が一切2次会に誘えないということではないという。

5日間のリフレッシュ休暇制度導入「現場は休めない、という意識があるのが現状」