「義援金詐欺に注意して」西日本豪雨で消費者庁呼びかけ「振込口座が確かな団体の正しいものか確認して」

西日本で多くの死者を出した平成30年7月豪雨に関連し、消費者庁は7月9日、災害に便乗した詐欺やトラブルに気をつけるよう注意喚起した。

「この度の豪雨に限らず、大規模災害が発生すると、点検商法、便乗商法など、災害に関連した消費者トラブルが発生する傾向にあります。また、過去には、義援金詐欺の事例も報告されていますので、義援金は、確かな団体を通して送るようにしてください。振込口座がその確かな団体の正規のものであることも確認してください」

「大手新聞社に似た名称を名乗り、寄付集めに訪問してよいか電話があった」