2018年下半期、求人ニーズ旺盛な転職市場 「いろいろな選択肢からより自分に合った仕事を選べる」

「doda(デューダ)」は7月2日、「転職市場予測 2018下半期」を発表した。求人数の動向や転職の機会が広がるのかどうか、11の業界・職種に分けて分析した。

同社によると「2018年下半期も求人ニーズは旺盛で、転職希望者にとってはいろいろな選択肢からより自分に合った仕事を選べる半年間になりそうです」という。

特に求人ニーズの増加が予測されている分野は「営業」、「人事・経理・法務」、「企画・マーケティング」、「IT・通信」、「電気・機械」の5分野だった。

IT技術者としての経験がアピールできれば転職活動の強みになる