学校で何年生からセックスや避妊について教えるべき? 高校生の性交経験率は約3割、「きちんとした情報を知らないとリスク高い」

日本で性教育は、中学校で受精や妊娠について教え、高校で避妊や人工妊娠中絶について教えると学習指導要領で定められている。しかし性教育の内容はこれで十分なのか。もっと早くから性教育を実施しなくてよいのか。

「これからの性教育プロジェクト」は7月12日、日本財団ビル(東京都港区)で第1回目のシンポジウムを開催。都議会議員や保護者ら約150人が集まった。

「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」では9~12歳で避妊について学ぶ