老後の生活資金、半数が「働いて収入を得る」 特に10~20代で「年金だけを当てにしない」傾向

インテージリサーチは7月17日、「老後の生活資金に関する意識調査」の結果を発表した。調査は今年3月、インテージ・ネットモニターで16~79歳までの男女1万1217人から回答を得た。

60代の生活資金の想定を聞くと、最も多かったのが「働いて稼いでいる収入」(47.5%)で、僅差で「公的年金」(47%)となった。以降、「60歳までの間の貯金」(37.4%)、「個人年金」(23.5%)、「家族や親族の収入」(13%)などが続く。

性年代別に見ると「働いて稼いでいる収入」は40代男性(64.9%)、50代男性(66.7%)が多かった。一方、現代実態を含む60歳以上の回答は、「公的年金」が男女ともに7割前後と高くなっている。

老後に備えての資産運用・投資、6割が「していない」