“お盆の代わりに東京五輪の開催中に夏休み取って” 政府の要請に「お盆を何だと思ってるのか」と反発の声

東京五輪・パラリンピック開催中の混雑を緩和するため、政府は首都圏の企業に五輪期間中に夏季休暇を設けるよう求めることを決めたという。7月12日、毎日新聞が報じた。

実現すれば、通常はお盆休みと重なることが多い夏季休暇が、五輪開催中の7月下旬から8月上旬に移動することになる。そのためネットでは、”お盆休みという伝統を蔑ろにするのか”と呆れる人が続出している。

「五輪期間中もお盆も両方休む、でいいじゃないか」