LGBT差別を「色んな人生観ある」で放置する自民党に批判殺到 立憲・尾辻かな子議員「LGBTの理解増進を図るなら杉田氏の処分検討すべき」

保守派の急先鋒として知られる自民党の杉田水脈衆議院議員が、「新潮45」8月号に寄稿した差別的な記事が波紋を広げている。杉田議員は7月23日、「殺人予告があった」という理由で、LGBTに関するツイートを全て削除したが、消される前の呟きには

「『間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ』とか『杉田さんはそのままでいいからね』とか、大臣クラスの方を始め、先輩方が声をかけてくださる」
「LGBTの理解促進を担当している先輩議員が『雑誌の記事を全部読んだら、きちんと理解しているし、党の立場も配慮して言葉も選んで書いている。言葉足らずで誤解される所はあるかもしれないけど問題ないから』と、仰ってくれました」

と、党そのものの意識が問われるような内容もあった。

こうした状況で、自民党の二階俊博幹事長が火に油を注いでいる。二階氏は24日の記者会見で、杉田議員の寄稿について咎めない方針を明らかにした。「人それぞれ、色んな人生観、考えがある」ことを理由に挙げているが、ネットでは

「明らかな差別発言を静観?」
「杉田氏がしたのって人生観の話か?ちがうよね。『行政支援は要らんのでは』と差別的な政策の話をしたから問題になってるのでは」

と批判の声が相次いでいる。

蓮舫氏「単なる『無知』を堂々と晒した政治家は不要だと何故叱責しないのか」