国内銀行の平均給与ランキング1位は5年連続三井住友銀行 前年を上回ったのは2割にとどまる

東京商工リサーチは7月30日、今年3月期の決算における国内91の銀行の平均給与ランキングを発表した。平均給与は609万円で、前年の614万9000円から5万9000円減少し、2年連続で前年を下回った。

1位は5年連続で三井住友銀行(810万5000円)だったが、前年より4万3000円減少している。2位はスルガ銀行(800万8000円)で、前年の3位から1つ順位を上げ、3位は東京スター銀行(796万4000円)だった。トップ3の顔ぶれは4年連続で同じだった。

業態別の平均給与も大手銀行、地銀、第二地銀すべてで前年を下回る