プレ金の次は「シャイニングマンデー」? テレ朝報道にネットざわつくも…経産省担当者「ちょっと誤解がある」

経産省がプレミアムフライデーに代わり、シャイニングマンデーの導入を検討しているという報道に、ネットがざわついている。テレビ朝日によると、経産省内で、月末金曜日は忙しいという指摘があり、

「別の曜日への変更を推奨すると同時に、月曜日の午前休を『シャイニングマンデー』と呼ぶことも検討」

しているのだという。

ネットでは「そもそもプレミアムフライデーがそこまで世間に浸透してないのに新しいの作っちゃダメやろ」「シャイニングマンデーのほうがいい」など様々な声が出ているが、そもそもどこまで具体的に検討されているものなのだろうか。

キャリコネニュースが経産省消費流通政策課に取材をすると、担当者は「テレ朝newsの報道にはちょっと誤解が……」と苦笑していた。

「これだとプレミアムフライデーを辞めて月末月曜に変えていくことが検討されているように読めてしまいますが、そうではありません。これはあくまでも経産省内部での話です」

省内でのプレ金の振り替え促進のため「月曜午前に取って」と呼びかけただけ