“40代の生きづらさ”に共感多数「癒しを見つけないと心が持たない」「服装もメイクも正解がわからない」

もしかしたら40代は、一生の中でも特に「生きづらさ」を実感する時期なのかもしれない。それまでの調子で日々を過ごそうとするも、何かが違う。その”ちょっとした違和感”はだんだんと増してゆき、やがて気づく時が来る。―「とうとう来たか」と。

何が来るって、ひとことでいうと本格的な老化である。認めざるを得ない体力の低下、皮膚のたるみ、意欲の減少……。表れ方は人それぞれだが、共通するのはそれらすべてが加齢による自然現象だということだ。皆に平等に起こる問題だから仕方がないとはいえ、今までと違う厄介な問題に悩んでしまう人も多いようだ。(文:みゆくらけん)

「井川遥とか篠原涼子とかにならない」