専業主婦・主夫経験者の6割が「罪悪感を抱いたことがある」-「人の稼いだ金で楽をしていると言われた」「存在意義が無くなった気がした」

ビースタイルは8月13日、「専業主婦への罪悪感」に関する調査結果を発表した。調査は今年5月にインターネットで実施し、同社運営の『しゅふJOBパート』などの登録者999人から回答を得た。

現在も含め、これまでの経験の中で「専業主婦・主夫だったことがある」と回答した人は81.6%。そのことに後ろめたさや罪悪感を抱いたことがあるかを聞くと「ある」(25.4%)と「少しはある」(31.2%)の合計が56.6%と過半数となった。

「経済的に依存している気がして、罪悪感がありました」