「第3子出産で1000万円」国民民主党・玉木代表「コドモノミクス」に注目集まる 「電子マネーで配布」「外国人は対象外」

国民民主党の玉木雄一郎共同代表は8月23日、ニコニコ生放送「【国民民主党代表選2018】候補者ネット討論会」で「コドモノミクス」を発表し、話題になっている。

少子化対策として3人目以降を出産した家庭に1000万円を給付するもので、アベノミクスに変わる政策としている。「コドモノミクス」はヤフーのリアルタイム検索でも「話題のキーワード」入りを果たし、注目のワードとなった。

玉木共同代表は、「人口減少に歯止めをかけたい。日本の様々な問題がありますが、人口が減って少子化が一番の問題で、これさえ解決できればあとはほとんど解決されます」とコメントしていた。

「理想の家族計画を実行するチャンスを用意したい」