「独身40代の孤独は凄まじい」男性の苦悩に反響多数 「独身が解消されれば孤独でなくなると思っているの?」という声も

「咳をしても一人」という尾崎放哉の有名な句がある。咳をしても、誰も心配して声をかけてくれる人のない孤独と寂しさが痛いほど伝わってきて、なんともいえない悲しさが広がる。孤独という感情は、誰の心にもいつの時代にも、普遍的なものなのだろう。

8月末のはてな匿名ダイアリーには、「独身四十代の孤独は凄まじい」と嘆くエントリがあった。いくら収入があっても、仕事にも趣味の集まりにも生きがいを見いだせず、心を通わす人はいない。「なんのために生きてるんだ?」と切実な孤独を訴えていた。(文:okei)

「一人でいると辛い人」は、メジャーな感性だから結婚しないと辛い?