大坂なおみ選手のラケットが「市販品」って本当? YONEXに仕様を聞いてみた

テニスの4大大会の1つ、全米オープンシングルスで優勝し、グランドスラムを日本人初制覇した大坂なおみ選手。その快挙もさることながら、トッププレイヤーにも関わらず特注ではなく「市販品」のラケットを使用している、ということに注目が集まっている。

大坂選手と契約するYONEXのサイトには、使用ラケットは「EZONE98」とある。価格も定価3万3000円プラス税と、同社が販売する中・上級者向けモデルのラケットとしては一般的だ。

しかし、「契約選手は表示されたモデルとは異なる仕様、カスタマイズされたラケットを使用する可能性があります」とも記載されている。実際のところどうなのか。広報担当者に聞くと、「ほぼ同じですが、市販品とはやや異なります」という答えが返ってきた。

元グリップが革 一般に流通していないモデルだが「それ以外は市販品と同じ」