人手不足で土曜日の郵便配達取りやめを検討か 人が足りないのは「自爆営業のせい」という指摘も

現在は月曜日から土曜日まで週6日行なわれている郵便配達が、平日だけになる可能性が出てきた。日本郵便の人手不足に対応するため、総務省は早ければ2019年にも法改正をし、土曜日の配達を取りやめることを検討しているという。

報道を受けてネットでは、民営化によって公共サービスが切り捨てられるのかと懸念が相次いでいる。

「公共サービスの低下の問題として考えていかないと」