茂木健一郎、ニュースソースとしての「ツイッターリスト作成」のすすめ 「新聞・テレビが報じる前にさまざまな情報が現れる」

脳科学者の茂木健一郎さんが9月25日、ツイッターを使った情報収集の方法についてツイートした。自身のツイッターで「ニュースソースとしてのツイッター」について投稿した。

茂木さんは、若い世代は新聞もテレビも一切観ない代わりに、ヤフーニュースやスマートニュースなど「ソーシャルメディア」から情報を得ていると指摘する。

自身もソーシャルメディアは「ニュースのソースとしてもはやど真ん中」と感じているが、それに加えツイッターのリスト」を作成し、そこからの情報収集を推奨している。

ツイッターは「批評的な内容など、レガシーメディアが一切報じないトピックも多い」