「クッパ姫」大流行でグッズ制作会社が注意喚起「任天堂作品キャラの二次創作の印刷は控えさせていただきます」

「クッパ姫」がSNS上で爆発的な人気を呼んでいる。クッパ姫は任天堂のゲーム「スーパーマリオ」シリーズに登場する亀のキャラクター「クッパ」を女体化したもの。ゲーム内には登場しない非公式のキャラクターだが、海外ユーザーが二次創作で投稿したことをきっかけに人気を呼び、ツイッターではクッパ姫のファンアート(二次創作)が溢れかえる事態になっている。

これを受け、オリジナルグッズの制作を行う「アクリルグッズの達人」(愛知県名古屋市)はツイッターに9月25日、

「トレンドのクッパ姫が大変盛り上がっておりますが、弊社では任天堂さんの作品、キャラクターの二次創作の印刷は控えさせていただいております」

と投稿した。同社は個人・法人から入稿されたイラストのデータをもとに、アクリルキーホルダーやバッジなどのオリジナルグッズの制作を行う会社。クッパ姫は公式キャラクターではなく「任天堂作品の二次創作」のため、グッズ制作は行わないという。同様の理由で任天堂のゲーム「スプラトゥーン」のマイキャラ(自身でカスタムしたキャラクター)でのグッズ制作も断っていると述べた。

「二次創作への認識が甘い人多い。会社を守るためにもお断りさせていただく」